30年使ったトートバッグ

釣行時の着替え入れはずっとトートバッグでした。

アウトドアの本を創刊した年に某メーカーからいただいたものだから

もう30年も前の代物です。

DSC_0205~2

フェールラーベンという、当時ではほとんど聞かないブランドでしたが、

とにかく丈夫で見た目よりもたっぷり荷物が入ることから

最初はキャンプ、そして釣りにも持っていくようになり、

どんなバッグよりも使いやすさはピカ一でした。

しかし、さすがに30年も使っていると次第にくたびれてきて

誰が空けたかタバコの跡も!(ちなみに私はタバコを吸いません)

DSC_0206.jpg

そこで新しく買い替えようとネットで探しましたが

トートバッグに巾着がプラスされたタイプがどうしても見つからず

例によって「じゃ、作ってしまえ!」と、会社のスタッフに頼んで製作。

完成したのが新製品のフィッシングトートバッグです。

07_20190306172441317.jpg
もちろん巾着付きなので、私のように畳むのが苦手な人でも

ガンガン詰め込み、コードストッパーを締めると、はい一丁上がり(*^^)v

04_2019030617244510e.jpg
そして車の中ではクッション代わりに。渡船の中では枕にするのもGOOD!

とくに離島遠征では着替えのほか、帰港中、小腹が空いたときにために

パンやお菓子を入れておいたりしてます(笑)

IMG_2766.jpg

それと、中身の区分けは付いていませんが

スタッフバッグを利用して「下着類」「タオル」「シャツ」「レインギア」などに小分けして

詰め込むとさらに使い勝手はよくなります。

01_20190306174811d46.jpg

これで今年の春磯は楽しさ倍増間違いなし!です(笑)