時代が追いついてきた!

あっという間に1月もおしまい。昨秋、春の男女群島行きを予約したときは

「あと半年もある~!」と思っていましたが、すでに釣行日まで3か月を切ってしまいました。

ここ数年はGAFAの影響(?)で、とくに時間の流れが早く感じます。

ちなみにGAFAってご存知ですよね?

知らない方はググってください。


さてさて、最近よく出くわすのが「今の時代だったら!」ということ。

「これはイケるかも!?」と閃くことは多々あれど

そのほとんどはコスト的に厳しかったり、世の中に理解されなかったり・・・。

たとえば釣りの映像。まだビデオが出て間もない時期に

「釣りのビデオを作れば売れる!」と企画したことがあります。

しかし、ビデオデッキがベータだ、VHSだ!と、騒がれ落ち着いていないときに

釣りのビデオを出しても売れるはずがない・・・と結局はボツに。

それから数年後になって、釣り出版社はこぞって釣りビデオを出しましたが

私の中ではとうに終焉を迎えていて、手を出すことはありませんでした。


また、こんなことも。

今でこそタイラバに電動リールを使うのはアリですが

私はタイラバを始めてすぐから電動をたまにやっていました。

シーンと静まり返った中、一人だけ「うい~ん!」と機械音を発していたわけですが

だんだんと周囲から白い目で見られるようになり、

ある日を境にきっぱりと止めてしまいました。

でも、今では電動が主流になりつつあり、ようやく時代が追い付いてきた・・・

そんなふうに受け止めています。


釣りのウェアもしかりで、少し前までは1サイズ100枚、500枚という

オーダーでしか作れなかったものが、ようやく少ない数でも作れるようになってきました。

プリント加工も格段に進歩をみせ、わざわざ専門の業者に頼まなくても

自社で加工できるところまできました。

というわけで、さっそく導入。

まずは加工する前準備。
DSC_0020_20190130163839642.jpg

で本番後!
DSC_0025.jpg

こちらは反対側の腕の部分。
DSC_0023.jpg

以前であれば、両袖に加工するだけで1着数千円かかっていましたが

自社でやればシート代のみで手間賃はナシ!!!

これだと個人の名前なども入れられ、オリジナリティがいかせます。

そうそう、このジャケットは2月に発売します。お楽しみに!