FC2ブログ

ハワイへ行って来ました!

あれこれ
02 /27 2018
石鯛のシーズンオフを利用して今年もハワイに行って来ました。
今回はレンタカーを借りてオアフ島をほぼ一周する内容。

福岡から直行便で約7時間、気温5℃から一気に24℃の快適な世界へ。
時差ボケがややありましたが、ホテル側の配慮で早めにチェックインできたので
しばし昼寝??? 目が覚めたらロスアンゼルスに住んでいる次女が来てました。

DSC_2075.jpg
今回はピンクの建物「ロイヤルハワイアン」に宿泊。

DSC_2067.jpg
部屋からの眺望です。ワイキキビーチが目の前!

次女が合流して今回の旅のメンバーが揃ったので
まずはワイキキの街をブラブラ。
相変わらず賑やかでした。

翌日はレンタカーで長女がすすめるパンケーキの店へ。

DSC_2028.jpg
するとまだ朝の8時前だというに外までお客さんでいっぱい。
ただ、朝っぱらから3枚重ねは多すぎ・・・。途中でギブアップしました(>_<)

次に向かったのは、映画のロケ地として有名なココ。
IMG_7670.jpg

そうです↓のシーンは観たことあると思います。
20120720031145_177305288_12_9-e1450858499344.jpg

ホースランディングやバギーなどのツアーもありますが
我が家はバスで観光。しかし未舗装路は揺れる揺れる。
お尻が悲鳴を上げるほど。最初から教えてほしいもんです。
IMG_7713.jpg

ロケ地巡りの後はサーフィンでこれまた有名なノースショアへ。
日本の芸能人がよく行くというMATSUMOTOシェーブアイスや
サーフィンショップなどを回りました。

IMG_7725.jpg
ノースショアまで来ると日本人はまばら。
釣りも数人してました。

帰りはポリネシアンミュージアムでショーを見学。
残念ながら撮影禁止だったので画像はありませんが
ハワイ諸島の歴史が分かる内容で興味深かったです。

翌日はパールハーバーの戦艦ミズーリ記念館や戦艦アリゾナの沈没跡などへ。
DSC_2112.jpg

本物の戦艦に乗船するなんて初めて。
これが瀬渡し船なら!と想像したのは言うまでもありません。

DSC_2121.jpg
近くにあるエアホースも見応え満点!
グラマンや爆撃機のほか、日本のゼロ戦も展示してました。

そしてオアフといえば
DSC_2134.jpg
女性が大好きなアラモアナショッピングセンター!
もちろん今回もしっかりカモられました・・・(T_T)

夜はワイキキに戻ってハワイで初めて食べる寿司にチャレンジ。
店作りはオープンで、居酒屋風でしたが握り寿司は本格的。
シャリが日本のお米ということもあってGOODでした。
DSC_2136.jpg
ただし、価格は日本の“回らない寿司屋”より多少高いかと。

以上、番外編でお届けした3泊5日のハワイ旅でした。
やっぱ英会話習いに行かなきゃ。
目指せ、還暦ハワイ移住!!!なんて(笑)



パチンコと石鯛

新製品
02 /21 2018
釣り好きの方ってパチンコファンが多いですね。
とくに石鯛釣り師は「ハラハラドキドキが同じ」みたいで
今の時期は海よりパチンコ屋へ通う人も少なくないかと思います。

私も以前は毎日のようにパチンコ詣でをしていましたが
今はまったくやりません。
まあ、博才がないことに気づいたから止めたんですけどね(>_<)

ところで、パチンコにハマる理由は
最初に“勝った”からが多いそうで
確かに最初から負けたら面白くもなんともありません。

石鯛釣りも同じで、昔は「一枚釣るまで3年かかる」なんて
いわれていましたが、現代で3年も辛抱する人なんて
そうそういるもんじゃないでしょう。

ということは、石鯛釣りを始めるに当たって重要なのは
“とにかく最初に釣ること”ではないでしょうか?
「石鯛釣りをやるなら釣れる時期に釣れる場所に行くこと」
が何より大切。

また、「釣りやすい道具と仕掛けを選ぶこと」も欠かせず
マニアックすぎる道具や釣り方は、初めての人にとって
ハードルが高すぎると思います。

Mr.Ishidaiが発売した「カリプソファイン500」は
石鯛JAPANの「天空の剣」シリーズがマニアックな竿であるのに対し
右も左もちんぷんかんぷんな初心者の方でも
使いやすい竿を目指して作りました。

とくに注目していただきたたいのは
胴ブレがほとんどないことで、仕掛けを回収した際に
胴がブレると穂先にラインが絡みやすくなりますが
カリプソファイン500はこのトラブルが少なくなっています。

IMG_7571.jpg


また、アワセも全身でガツン!とやる必要はなく
石鯛が走ったときに竿を起こすだけでハリ掛かりする、そんな
感じになっています。

IMG_7570.jpg


持ち重り感もゼロに近く、自重500gと軽量なので「本当に石鯛竿?」と思えるくらい。
とにかくこれまでの常識を覆す仕上がりとなっています。

Mr.Ishidaiのオフィス1階にあるB-Plazaでは
すでに展示していますので、ぜひ手に取って確かめてください。
SUPER ISHIDAIのスーパー竿掛けやその他のアイテムも
置いています。
入場料は取りませんのでご心配なく!(^^)!



スーパー石鯛でました!

新製品
02 /15 2018
今日は久々に大幅更新でした。
まずMr.Ishidaiの「カリプソファイン500」
これは前々から告知していた新しい石鯛竿です。
製作ウラ話などは後日するとして
今日はもうひとつのブランド「スーパー石鯛」についてお話したいと思います。

現代の釣りはルアーがメインとなり、エサ釣りは年々減少しています。
とくに磯釣りは顕著で、石鯛釣りもかつてほどの賑わいはみられません。
しかしながら、ごく僅かではあるものの「これから石鯛釣りを始めてみたい」
という方がいるのも事実です。

ただ、既存の石鯛用品は他の釣りに比べて高価であり、
入門するには敷居が高すぎる、という声をよく聞きます。
そこで、Mr.Ishidaiではなんとか品質のレベルを維持したまま
安価で提供できないかと数年前から取り組み
徹底的なコストカットを実現。
ようやく「スーパー石鯛」という形でリリースすることができました。
当面はネットを使った直販に限りますが
状況次第では一般流通にも乗せたいと考えております。

で、私個人のおすすめですが「クーラー用ロッドキーパー」は大のお気に入り。
寄る年波のせいか、最近は磯でも座って釣ることが多くなってきたので
前々からクーラーに取り付けられる竿立てが欲しいと思っていました。
Mr.Ishidaiのロッドキーパーだと磯にシャフトを打ち込まないといけませんが
クーラー用ロッドキーパーはクーラーの中に氷や飲料、食料など
ある程度の重さがあれば座っていなくても竿が倒れることはありません。
01.jpg

取り付けは4本のねじで止めるだけ。
ただし、クーラーの厚さが10㎜以上ないと無理かも???
手順は、クーラーの取り付け位置が決まったら
取り付けステーをセロハンテープなので仮止めし、
ステーの4か所の穴にキリのようなもので少し開けます。
本当はドリルがあれば素早くできますが、その場合は穴を深く
開けないように注意してください。

次にねじを穴に入れて締め付けていきます。
完全に回らなくなるまで締めてください。
もし、いつまで経ってもねじが回るようでしたら
接着剤を利用してもいいかと思います。
04.jpg

ステーを固定できたら、ロッドキーパー本体を上からステーに
差し込みます。
これで完成! 釣り場までの道中は本体を外しておき
釣り場で差し込めば1分もかからず竿立ができあがります。

石鯛竿を小脇に抱えてエサを交換したり、仕掛けをセットするのは大変。
でもこれさえあれば超楽ちん!!!
春磯が待ち遠しくなりますよ\(^o^)/


決算だよ!全員集合!

あれこれ
02 /01 2018
さあ今日から2月、そろそろウズウズしてくる時期となりました。
屋久島などの南の磯ではクチジロが釣れ出し、男女でも
上物に混じってボツボツと上がっているようです。

毎年4月に行っている男女群島ツアーの問い合わせも
例年より早く、担当スタッフががスケジュールの調整をはじめたようです。

ここでお知らせです。
本日よりB-Plazaで「決算セール」が始まりました。
今回はWEBショップのみの開催ですが
普段はあり得ない価格で出品しておりますので
よろしくお願いします。

決算セールは会場はこちら
ba_top.jpg


来月はお待ちかねの「西日本釣り博」です。
ま~だ、カタログもできてないので(汗)
そろそろ本腰入れて頑張ります!

Mr.Ishidai

もっと楽しく、もっと手軽に!
イシダイ釣りを通して豊かな人生を送りましょう。