これは最高!でも釣果は・・・(涙)

イシダイ釣行
06 /26 2017
最近スロージョギングをやってます。
(スロージギングじゃないですよ)
50歳代も半ばを過ぎると足腰が弱くなり
階段を上り下りするだけで膝が痛くて・・・((+_+))

これじゃ磯に行けなくなる日も近い?と、
自宅の周囲を毎日4キロほど走ることにしました。

しかし、いざ走る始めると退屈というか
夜間なので景色も楽しめずおもしろくありません。
そんなとき、娘から「今のウォークマンは本体もないので軽くていいよ!」と聞きさっそくGETしちゃいました。

DSC_1347.jpg

このウォークマンは外部の音声を集音する機能も搭載されていて
音楽は聞こえるのに周囲の話し声や車の音なども耳に入ってくるという
スゴ技を持っています。
一緒に写っている帽子は自分用に作ったオリジナルです。
販売はしていませんのでゴメンナサイ


さっそく装着してジョギングすると、おお!軽やかに走れて4キロの
道のりもリズムよく走れるではないですか♪

DSC_1307.jpg
ここがジョギングコース。すぐ横は運河?になった海です

で、なんでもかんでもイシダイ釣りに結びつける私は
どうしても磯で音楽を聴きたくなり、仕事をサボッて釣りへ!

DSC_1360.jpg

どうです、顔のデカさはおいといて、磯で聴く音楽は最高です。
荒磯に合わせてオールディーズや映画音楽を録音していったのですが
いやあノリノリで体が動く動く♪

あとはこれで石鯛が釣れれば最高!と期待しましたが

DSC_1350.jpg

1時間経っても・・・

DSC_1356.jpg

3時間経っても・・・

DSC_1352.jpg

スケキヨの石突をお腹に当てることはなく

DSC_1364.jpg

M10シャフトが唸ることもなく

無情の完全ボウズ・・・( ;∀;)




それに引き換え、お隣さんは







DSC_1367.jpg

げげげのげ~~~と爆釣。しかもロクマル!

DSC_1370.jpg

ウォークマンが素晴らしくても、それが釣果に繋がることはないようです。


その日の夜はMr.Ishidaiの立ち上げ時からお手伝いをしていただいた
パートさんの送別会。
2分でシャワーを済ませ、迎えに来てくれたKAZ平塚の車で焼肉屋へ。

DSC_1377.jpg

しかし、前日からほとんど寝てないのと疲労、日焼け、クソボウズの後遺症で
飲むのも食べるのもチョボチョボ・・・(>_<)

結局、KAZ平塚の胃袋を満たすだけの会となってしまったのでした。

おしまい。


整理整頓したつもりが・・・

イシダイ釣行
06 /15 2017
Mr.Ishidaiのショールームである「B-Plaza」が随分前に移転したことは
知られているようで、あまり知られていないみたいです。
移転時には2階のオフィスも一緒に隣に移ったので、なかには会社ごと
なくなってしまったの・・・???と思った方もおられたようです。

では現在の姿をご覧ください。
IMG_0019.jpg

そう、隣の元の場所はネイルサロンになっています。
といっても、これはウチの会社がやっているもので、いわば身内。
ちなみにホームページはこちらです。

で、肝心のショールームはどうなったかというと、左の隅にあるのがB-Plazaで
ハッキリいってまさかお店とは気づかないような佇まい。
そこで少しずつリニューアルしようと先日、不要なものを処分する大掃除をしました。
そのとき、ついでに自分の釣具置き場も整理して
どこに何があるのか分かるようにしました。

が・・・、なんとそれがあだとなり、先日の釣行では
「あれ?ピトンが入っていない・・・」という事態に!

仕方がないので手持ちでやりましたが、ガンガゼをエサにした場合
やはり置き竿にしないとエサの準備ができません。
どうにかして竿を置けないかと辺りを見回すと、ちょうどいいくらいに岩が凹んでいる
ところがあり、その上にクーラーを置くと、なんとか置き竿ができそう。
前方にはドンゴロスを敷いて傷が入らないようにしました。

DSC_1316.jpg

もちろん、この変則置き竿でもちゃんと釣果は得ました(イシガキでしたが)。

ところで、この石突は一体何なのかお分かりになりますか?
答えはゴムです。正確には木製の石突を液体ゴムでコーティングしたものです。
前々から石突に傷が入ることが嫌いで、何か方法はないものかと考え
試作してみたのがコレなのです。
岩とクーラーに挟まれ続けた石突でしたが、見事傷は皆無!!!

DSC_1280.jpg

色が犬神家の一族の「スケキヨ」みたいなのが、ちょっと不気味ですが
ゴムのコーティングはおすすめです。
どぶ漬けを3~4回繰り返すだけなので、初めてでも簡単です。

ということで、本日はここまで。
釣りの結果や状況はまた後日書きたいと思います。
P1060108.jpg








浅い場所でのストリンガー

MONOヒストリー
06 /02 2017
石鯛釣りに欠かせない道具のひとつにストリンガーがあります。

釣り上げた獲物をストリンガーに繋いで海に投入するときの

達成感というか充実感は何ともいえませんね。

ストリンガーには様々なタイプがありますが、現在の主流はチェーン式。

ステンレスのチェーンを使えば錆びる心配もいらず、重量があるため

ストリンガーが真っ直ぐ海中で立ち、石鯛が元気に泳いでくれます。

しかし、チェーン式にも欠点はあります。

ひとつはブランチを接続したときに、チェーンに絡まることがたまにあり、

とくに波気があるときや、たくさん釣れてストリンガーにまるで鯉のぼりみたいに

掛けるとこの現象は起きるようです。

また、チェーン式は最低でもチェーンの長さ+海中に沈めるロープの長さ

つまり海中に沈む分の水深がなければならず、浅い場所や

足元にハエ根が張り出したところでは使えません

ストリンガー1

上のイラストはチェーン式を表したものです。

水深が乏しい釣り場ではチェーンが海底に着き、石鯛が思うように泳げません。


いっぽう、今回、Mr.Ishidaiがリリースした新型の「ストリンガー5」は

ストリンガー2

石鯛がワイヤーを引っ張って深いところへ行くので

少々浅くても大丈夫です。

石鯛TV「男女群島で石鯛釣りまくり!の巻」では、男島の黒崎で

ストリンガー5を使って5枚を泳がせているシーンがありますが

あそこは足元が浅く、これまでチェーン式のストリンガーでは

使い物になりませんでした。

1_201706021445329f7.jpg


ところが、今回は最干潮のときでもご覧のように

石鯛が勝手に深い場所を求めて泳ぎ、納竿まで元気いっぱいでした。

2_201706021448175c7.jpg

接続に建築用のスリーブを用いた強力で軽量なストリンガー5。

「オレは5枚しか釣らない!」という方には超おすすめです!

6枚以上釣る方はストリンガーを2つ出しましょう(笑)


Mr.Ishidai

Mr.Ishidai