再び男女群島へ

イシダイ釣行
05 /24 2017
ノッコミシーズンがそろそろ終了となる男女群島へ再び行って来ました。
今回は新製品テストが目的なので、まずはイシダイが釣れないと話になりません。
例によって未明に上礁し、まずは赤貝割りからスタート。
この作業は下を向いて赤貝を岩にあてて、ハンマーで叩くため
30分もすると腰が痛くなります・・・(>_<)

そこで、最近は「ぎんなん割り」を使っていますが
これだと赤貝を手元で割ることができるため腰が痛くなりません!
ただし、殻が2つ割りになるため、いわゆる「粗割り」にはならず
どちらかというと「殻を開ける」といった表現がいいかもしれません。

gin.jpg
ぎんなん割りはホームセンターで入手できます。
大きな赤貝はけっこう手間取ることも・・・

本来は一気に10kgを割るつもりでしたが、だんだんとキャップライトに虫が寄るようになり、たまに目の中に飛び込んできて、非常に不愉快。
こうなると「や~めた!」となるわけで、5kgほどを残して終了となりました。

夜が明け、同行のKAZ平塚と二手に分かれて竿を出します。
2~3投目までは何も当たりませんでしたが、4投目くらいからエサ取りが群れはじめ粗割りだけでは瞬殺。
カチカチの塩締めを使うと、なんとかタナまでは持ちますがしばらくは本命のアタリなし。

男女群島といえど、ノッコミの最盛期を過ぎればそう簡単には釣れません。
釣り座とタナを変えながら探っていると、ようやく本命のアタリ。
ググ~ン!と天空の剣を引っ張り込んだのは男女サイズの本イシ。
サザエテンビンを使った捨てオモリ仕掛けで、ハリスは20㎝でした。

6.jpg

この後は、潮が緩く押してきて、それに伴ってイシダイが回ってきたようで
ポンポンポンと3連続ヒット、男女らしい展開に!
KAZ平塚も7~8mの浅いタナを集中して攻めてイシダイを手中にしていました。

4_20170524100242284.jpg

テストの方は、いくつか改良点があったものの、ほぼ合格!
近日、発売できると思います。

それにしてもこの日は無風ベタ凪で暑いのなんの。
午後からは釣りの意欲さえも失せる始末。
夜は船中泊だったので体力は回復しましたが
翌日はイシガキの猛攻撃を受けてついに本イシは出ず・・・(;'∀')
釣り上げたイシガキは同礁したルアーマンの方が「食べたい!」とのことだったので片っ端からプレゼント!
さて初めてのイシガキの味はどうだったのでしょう?

いよいよ6月、梅雨は北部九州でもイシダイの本格シーズン。
行きたいところが多すぎて困った困った・・・です。






行って来ました男女群島!

イシダイ釣行
04 /17 2017
1年ぶりに男女群島に行って来ました。
いわずと知れた日本最後の楽園、パラダイスです。
近年はルアーでも行く人が増えたようで
磯からマグロを狙えるなんて、やはり男女は別格ですね(*^^)v

今回はMr.Ishidaiのファンクラブ(通称M.I.F.C)のみなさん
それに一般参加の人を交え、総勢18名での釣行となりました。

あじか磯釣センターのブラックヘラクレスで約3時間半、
午前4時前には夢の島に到着です。

さっそく上礁が始まりましたが、若い頃は「オレ!一番!」と
叫んで必ず最初に上がっていたものですが、さすがに50歳代の半ばを過ぎると
そんなパワーはなく、しかも今回は船酔いしたみたいでグロッキー気味。
デッキに出ては気分が悪くなって船室に戻るという繰り返し。

気が付くと船には数人しか乗っておらず、最後になってようやく磯へ。
上がったところは・・・なんと男女群島の超有名釣り場である鮫瀬。
それもクチジロの実績が高い小ザメ。
船酔いが功を奏した???のかな???

同礁メンバーは30年来の釣友であるDさんと、スタッフのKAZ平塚。
すでに夜が明けかかっていたので赤貝を用意して
明るくなって2人にポイントを教え、私は出れば一発という釣り座へ。

釣り始めてすぐ、KAZ平塚がイシガキ、本イシと連続で抜き上げ
私もタナを探っていると、前触れなく竿を引っ張るアタリ!
これは居着きの真っ黒な本イシでした。

続いてはかなりの引きを見せ、これはデカイ!と喜んでいると
水面に浮かんだのは巨大サンノシ(ニザダイ)。
それからはまったくアタリがなくなり、代わりにKAZ平塚が入れ食いモードに。
Dさんにもアタリはあるようだが、竿の角度と仕掛けの入り方が合っていないようで
ちょっとアドバイスすると、途端にギューン!
仲良くカメラに収まりました(#^^#)
P1060099.jpg

その後もアタリがあるのは大ザメ向きばかりで、これではマズイ?と
ちょっと竿を出させてもらうとカウンター7で待ってましたとばかりに
天空の剣が急降下! 縞模様が美しいイシダイが上がってきました。
P1060089.jpg

P1060088.jpg

2枚ほどこのポイントで仕留め、また元の釣り座に戻って竿を出すと
ん?モヤモヤっとした小さなアタリの後、穂先を持ち上げるアヤシイ動き。
KAZ平塚に「食い上げたアタリがきた。シロやったりして・・・」といい
仕掛けを回収するとハリスワイヤーには不気味なキンクが(≧▽≦)

ここのポイントでは過去にクチジロらしき大アタリに遭遇し
途中まで浮かせたものの、左側にある沈み瀬に回られてバラシ・・・という
苦い思い出があります。
なので、まさかとは思いながらも次の投入は慎重にして
静かにアタリを待っていると、コツンと小さくアタッたあと、一気に竿を引っ張り込みました。
しかし、ここで早アワセしてもハリが15号と小さいので
さらに突っ込ませてからアワセを入れます。

すると、それまでとは明らかに違うパワーで、KAZ平塚も
「そりゃ、もしかしてもしかするんじゃないですか?!」と
興奮しながらカメラを回している様子。
2回目の締め込みが意外と弱かったので、そう大きくはないとわかりましたが
海面に姿を現したのは紛れもないクチジロ・・・の赤ちゃん(笑)
サイズは60にも達しませんでしたが、イシガキとは違う姿は凛々しいですね。
P1060095.jpg

もともと鮫瀬は大ザメも小ザメも上げ潮が良く
下げは激流がまともにぶつかるため、過去に下げ潮で釣りになったことはありません。
ところが、今回は上げから下げに変わっても潮はトロトロと流れるだけで
仕掛けはほぼ真下に落ち着きます。
そのせいかアタリは下げ潮になっても続き
魚を散らさないように3人で交代に竿を出すと
各自がほぼ1投毎にイシダイを掛け、夕方の見回りまでに合計で30枚以上を
仕留めることができました。

P1060101.jpg

夜はいつものように船中泊とし、M.I.F.Cの久木崎会長からいただいた
薩摩黒豚のロースで晩餐。これもまた男女釣行の楽しみです。
ただ、ここでも少し船酔い気味で早々に船室へ。
こんなんで今年のイカメタルは大丈夫だろうか???(;'∀')

翌日は霧雨だったので上がるのをためらいましたが
船酔いが嫌だったので花栗のトーフへ。
ここは昨年「九州のイシダイ エピソード2 絶海の秘境に夢を追う」の撮影舞台になったポイント。

何度も竿を出したことがあるため、余裕で釣り始めると
ん?どうしたことかアタリがまったくありません。
ウツボとアカハタが来たのみで、どこを探ってもエサも取られない有様。
オモリを握っても冷たくないので水温は下がっていないのにどうしたことか???
結局、納竿まで沈黙は続き2日目は釣果ゼロ・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
なんだか締まりのない釣行となってしまいました。

他の釣果は、瀬泊まりして2日目も小ザメで頑張ったKAZ平塚も
潮がまったくダメで3枚だけ。しかし大ザメは爆釣していたらしく
そこそこのクチジロも釣れたみたいでした。
また、トーフのすぐ近くにある花栗のカベでは2日目だけで13枚。
なんとも運が悪いというか、場所を間違ったというか。
それだけ上礁場所の選定は難しいということです・・・はい。



今回の釣行は内容もですが、若い人がたくさん参加してくれたのが
最大の収穫でした!
最年少はなんと20歳!!! あとは30代も多く
Mr.Ishidaiがテーマとする「イシダイ釣り師の若返り」が少しだけ
現実味を帯びてきた、そんな感じでした。

DSC_1218.jpg

イシダイ釣りの合間にルアーを投げたり、上物したりと
釣りは自由に楽しまないと! いかつい顔をして石鯛一筋!と
言っていては若い人はますます縁遠くなります。

その証拠に嬉しいSNSが私の元に。
20170417132555.jpg

20170417132717.jpg

これでイイんです!
いや、せっかく男女まで遠征するんだから
逆にイシダイは片手間でもいいんです!

来年はもっと多くの人が参加してくれること期待してます。

デカバン・・・と思いきや!

イシダイ釣行
11 /07 2016
秋晴れに恵まれた11月5日、平戸宮ノ浦に釣行しました。

今回は私が30年くらい前に作った「玄海石鯛クラブ」の秋季大会。
Mr.Ishidaiをやるちょっと前に会長はM.I.F.C理事の牧野くんにバトンタッチし
現在は、たまに大会や例会に顧問として顔を出させていただいています。

午前6時前に会長から大会要項の説明を受け、2隻に分乗して出港。
私は最初に高島のイン瀬に上げてもらいました。
ここは宮ノ浦港から一番近い磯になり、湾内というイメージが漂う釣り場。
しかし、イシダイは過去に60クラスが何枚も出ていて、前々から一度上礁してみたいと思っていたところ。

磯に上がると意外と足場も良く、事前に聞いていた釣り座とおぼしきところにピトンをセット。
タックルは天空の剣490MH、HERO20号、瀬ズレ37番、テンビンは最近よく使う
コイルテンビンとWクッションゴムをプラスしたものとしました。
ハリはがっちり仕掛けの16号、オモリは35号。

DSC_0779-2.jpg

潮はゆっくり上げ潮が左右から差し込んできて雰囲気は上々。
しかし、何度打ち返してもエサがたまにかじられるだけ。
磯で採取したジンガサだと瞬殺だが、ガンガゼへの反応は鈍い。

そこで発売したばかりのハイパースコップでガンガゼを潰して竿出し方向の左側に撒く。
こうすると左から差し込んできた潮がマキエを沖へと拡散し
なんとか魚信を呼び込んでくれそう。

納竿が午後2時なので、残り2時間分だけを残して
あとはすべてマキエにしてパラパラと入れ続けると
やっと小さなアタリがでました。
と思った次の瞬間、ピトンごと引っ張り込むような大アタリが!!!

やった!これは確実に60オーバー!と喜んで天空の剣を手にすると
あれれ・・・リールのドラグが滑ってラインが真沖に走り出したではないですか!
こんな引きはイシダイじゃない・・・アオブー? いやマダイ。。。

案の定、3~4分ほど引きずり回された挙句に浮いてきたのは
でっかいマダイ・・・(-_-;) 
他魚の部があったかわかりませんが、一応ストリンガーに通して活かしておきます。

DSC_0789-2.jpg
マダイとはいえ80㎝に達するとパワーは半端じゃなかった。
浅い釣り場なので浮いてからもなかなか弱らず引き味だけは楽しめました・・・


DSC_0797-2.jpg

今回のマダイは天空の剣を極限まで絞り込む良い機会でした。
一端は魚の走りにノサレそうになるが、途中から粘り腰をみせ
竿を立てておくだけが魚が寄ってくる、そんな感じ。
また、浮かせたマダイを磯の低い部分の素早く誘導でき
単身でも問題なく取り込めることを改めて実証できました。

DSC_0799-2.jpg

帰港するとM.I.F.C西九州支部の西川さんが64㎝を釣っていて見事優勝。
さらにイシダイ釣り歴わずか4回目の新人・森方くんが57.5㎝を釣り上げ2位に。
ちなみに森方くんは、あの森方名人の親戚だそうで
自分のおじいちゃんが森方名人と兄弟とか。
血筋の良さが今後も見せつけてくれそうで楽しみです。

今回は残念ながら自分はイシダイを釣ることができませんでしたが
イシダイ釣りの仲間との釣行はやはりいいもの。
笑いの絶えない素敵な時間をおくることができた一日でした。


中遠投釣りでの思い出話

イシダイ釣行
10 /07 2016
こんにちわ。KAZ平塚です。

待ちに待った秋磯開幕ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
私は先日、2525fishingのロケで長崎県平戸宮ノ浦へと行って参りました。
気になる結果は…ですが、ちょっとだけ話すると、
今回は【中遠投釣り】をテーマとした取材だったのです。

IMGP1937.jpg
ロケの一コマ。この時私はある出来事を思い出していました。

【九州=手持ちでの足元釣り】というイメージがいまだ色濃く根付いていますが、
そこへ中遠投釣りというもう一つの武器を手に入れれば、
イシダイが釣れる確率はググッと上がるものです。
その模様を皆さまへお伝えできるのはもう少し先になると思いますが、
どうか首を長くしてお待ちになってくださいませ。


さて、それはそうと、ロケの最中にふと思い出したことがあります。
かれこれ12~13年前の話ですが、私が月刊石鯛〇倶〇楽部の
取材でとある場所へ向かったときのこと。
そこは観光地にもなっている場所で、釣り人さんがガンガゼをエサに、
それこそ中遠投釣りで仕掛けを打ち返していると
フラフラ~ッと老夫婦が近寄ってきて、
後方でカメラを構えている私にご主人がこう言います。

『こんな所で何が釣れるんですか?』と。

確かにそう聞かれても無理はありません。
何せこの釣り場、道路脇の駐車スペースから徒歩2分で行ける釣り場だったのですから。

そこで私はご主人に『イシダイですよ。大きなヤツも釣れるみたいですね』
なんて話をすると随分驚かれていたのですが、
逆にもっと驚かされたのがその直後に奥様が放った発言だったのです。

私とご主人との会話が聞こえるか聞こえないかの距離で
釣り人さんを興味深そうにじっと見ていた奥さん。
そんな奥さんは、仕掛けが回収されるタイミングで何かを目撃したのか、
ハッとした表情でご主人の袖を引っ張りながらこう言ってきたのです。


『ちょっと、ほら、お父さん!見て!見て! ウニが釣れたよ!!!』


IMGP1949.jpg
まさかエサのガンガゼが【対象魚?】と思われるなんて…。本当にビックリしました。

確かに、釣りを知らない人からすればそう映っても仕方ないかもしれません。
しかし私はあまりに想定外の発言に思わず吹き出してしまい、
ちょっと気まずい雰囲気になってしまった…という話でした。


という訳で皆さんはこのような間違いを起こされないよう、
ちゃーんとイシダイを釣りましょうね(笑)


では、チャオ!!!


真夏のイシダイ釣り

イシダイ釣行
07 /20 2016
どうも今どき「ブログ」という単語はしっくりこない。
そこで本日より「Stage door」という名前にしました。
意味は「楽屋入口」。
早い話がMr.Ishidaiのウラ話的なコーナーということです。
更新頻度は低いですが、たまに目を通していただると張り合いがでます!


さてさて、梅雨明けした7月19日、
M.I.F.Cの久木崎会長と西九州支部の西川さんと
宗像沖ノ島に案内人として行ってきました。

真夏の磯は灼熱地獄ですが、この日は風があってそんなに暑くありません。
平日なのでバラバラに上がることになり、私は最後に上礁。

IMGP1817.jpg


まずはガゼで様子を探ると、いきなり食い込むアタリ!
そこそこの締め込みを楽しみつつ浮かせると、
なんと、ハトポッポ(イラ)・・・五島ならまだしも、沖ノ島でも
釣れるようになってしまった。

IMGP1822.jpg


次に来たのは小型の本イシ。
バフンの手持ちで気持ちよく走ってくれました。

それからしばらくは満潮のため釣り座が危なくなったので一時退避。
ここでイシガキを釣り、3時間くらいして再び元の釣り座へ。
後半戦も依然としてバフンへの反応が良く
イシガキと本イシが姿を見せてくれました。

IMGP1825.jpg

ほかの方もそこそこ楽しめたようで、帰港後はスーパー銭湯で風呂に入り
その後、焼き肉でお疲れ会。
全員クルマなので飲み物はソフトドリンクのみ。

20160720170855.jpg

デザートのソフトクリームがやけに美味しく感じたのでありました。
真ん中が久木崎会長、左は西川さん。右は突然現れたM.I.F.C常任理事の安武さん。
お疲れ様でした!



Mr.Ishidai

Mr.Ishidai