イシガキを釣ろう!

あれこれ
10 /18 2017
先週末のイベント「秋の石鯛祭り」も雨模様、
今週末も雨・・おまけに台風まで襲来。
せっかく秋磯全開だというのに、まったく困った天気です((+_+))

ところで、秋といえばイシダイもですが、イシガキの全盛期でもあります。
昨年の秋は五島西海岸で釣っても釣ってもイシガキという、爆釣(?)を味わいました。
イシガキも50㎝近くになるとパワーは本イシより上に感じ
浮いてくるまで「本イシの60㎝クラスか???」とよく騙されます。

2_20171018172323ab1.jpg

30㎝に満たない小型のイシガキが次から次に当たってくると
さすがに楽しくなくなりますが、そこそこのサイズであれば
仮に本イシが釣れなくても十分遊ぶことはできます。

とくに食味の点では、ご存知のようにコリコリとした歯ごたえが最高で
本イシより断然上!!!!(^^)!
一時期はシガテラ中毒が叫ばれましたが、サンゴ礁海域でカニを食した
イシガキを食べない限りは、とくに問題はないといわれ
魚屋さんでもちゃんと売られるようになりました。

しかし、引きよし、味よしのイシガキを嫌う傾向は少なくなく
好んでイシガキを釣る人はごく少数のようです。

自分自身もやはり本イシに魅力を感じる一人ですが
先日、磯でこけた日のこと。
回収に来た船には十数人のルアーマンの姿が。
岸壁についてもルアーマンだらけで、上物底物含めて
磯釣り師はわずか数人・・以前は「磯釣り道場」と呼ばれていた
釣り場だというのに。

5月に男女群島に行ったときも、同船者の半分以上はルアーマン。
「ここまで変わったのか!」とわが目を疑うほどでした。

帰り際、馴染みの船長と話をすると「ルアー客が来てくれなかったら
この先どうなっていたかわからない・・・」ということでした。
これは男女群島行きの瀬渡し船でも同じことを聞いたことがあります。

なぜ、磯釣り人口は激減したのでしょう???
いろいろ要因はあると思いますが、昔から変わらないスタイルの釣りは
若い世代に受け入れられないから、それが大きいと思います。

本当に本当に、このままでは磯釣りはどんどん減少します。
ここで食い止めないと、渡船、釣具店、そして我々メーカーも
近い将来枯渇するでしょう。

そのためには新しい磯釣りのスタイルを提唱するしかありません。

Mr.Ishidaiでは、それを踏まえてあえてイシガキにスポットと当てた
WHITE LABELをスタートさせます。

イシダイ釣りのハードルを下げ、誰もが楽しめる釣りを提案する。
それが、われわれに課せられた使命だと感じております。

VIVA ISHIGAKI



着地失敗・・・(>_<)

イシダイ釣行
10 /10 2017
10月の3連休は平戸へプライベート釣行。

7日の早朝に前から狙っていた釣り場に上礁。
たぶんほとんどイシダイは入っていないはず・・・と思いきや
けっこうクサビ錘が打たれています。

な~んだ、とちょっとがっかりしながらも釣り開始。
潮は左からかなりの速さで押してきて
ラインがどんどん出ていきます。

そこで強制的にラインを止め、潮のたるみへと仕掛けを落ち着かせます。
ピトンへ竿を掛け、しばらく様子を伺うと
小さなアタリがコツコツ。
しかし、エサを取るまでには至らず刻々と時間だけが過ぎていきます。

やがて太陽が照りつけだすと、見る見るうちに潮の色が薄くなり
完全な菜っ葉潮に・・・( ;∀;)

DSC_1655.jpg

写真でも分かるように“グリーン”の菜っ葉潮です。
ちなみに菜っ葉潮とは赤潮の一歩手前の状態だそうで
いわゆるプランクトンの増加が原因。

こうなると魚は酸欠になるみたいで
どこを探ってもな~んにもいません。

当然、瀬替わりとなったのですが
なんと、次の磯でやらかしてしまいました。

DSC_1659.jpg

ちょうどピトンの向こうにあるタイドプールらへんに船が着いたのですが
折しも満潮から1時間過ぎたくらいで潮がまだ高く
ホースベッドから磯までは3m近い高さがありました。

で、よせばいいのに、船の先端に付いているタイヤの上に座り込み
少しずつお尻をずらしていって、完全に両足が宙ぶらりんになったときに
「どりゃ~!」と磯へ。

が、すでに還暦が近づいているせいか、この頃は足腰が弱くなっていて
ものの見事に着地失敗・・・(>_<)

船の上から連れとポーターが「大丈夫ですか?」と声をかけるまで
頭がボ~ッとしていて、その声でふと我に返ると
手と足に痛みが・・・( ;∀;)

幸い、骨折などという事故ではなかったものの
あっという間に右手が腫れてきて釣りは不可能に。

DSC_1660.jpg

本来は翌日まで釣るつもりでしたが、その日のうちに帰ることにしました。
今まで何でもなかったことが急にできなくなる、
これはショックですね。

これからは釣果よりも足場第一でいかなくては!

あ~、大ショック(T_T)



鹿児島のK様より

あれこれ
09 /30 2017
Mr.Ishidaiの石鯛竿は90%がWEBショップでの販売です。
ということは、どこのどなたが買われたか
すぐに分かるというわけです。

当然、購入履歴もデータとして残っていますが
カリプソ石鯛を買われた方の約1/3が天空の剣490MHも注文され
さらに1/5が550LEGENDもお求めになっています。

先日、写真が送られてきた鹿児島のK様も
カリプソ、490MH、550LEGENDと3本とも所持されてるお得意様!
で、今回は550LEGENDの写真と一緒に感想も添えられていました。

「私がよく釣行する某地磯は手前が浅く、遠投を要求される釣り場で
さっそく550を使いました。すると、今までどういうわけかコントロールが
定まらず、いつも仕掛けが左右に振られていましたが、550LEGENDは
意識しないでも真っすぐ飛んでくれ、しかも飛距離UP!
今回はイシガキしか釣れませんでしたが、とても気に入りました!
さすがMr.Ishidaiさんの竿ですね! これからもガンガン釣りたいと思います」


20170929171916.jpg
遠景は開聞岳みたいですね。確かに水深なさそうです(;'∀')

20170930120425.jpg
イシガキGETおめでとうございます! 初卸しで魚が釣れるのは良い兆し・・・ですネ!

K様、お便りありがとうございました。
初回の釣行で550LEGENDの特性を見抜くとはさすがです!
オーバースローはもちろんですが、アンダースローでも
腰が強いのでスパッと決まります。ぜひお試しください。
次回も釣果写真をお待ちしております(#^.^#)


一方、われわれスタッフも先日、撮影に行きました。
IMG_6071.jpg

しか~し、潮がまったく動かずアタリも散発的。
苦労した一日でした。
動画にアップするかどうかはPV次第。
でもカメラマンがルアーの番組をやっているので
なかなか時間が取れず、いつPVが見れるやら???
期待しないでお待ちください。

ちなみに、ルアーの番組はルアーパラダイス九州
福岡だけのオンエアらしいですが、けっこうおもしろく
私は毎回観ています。
よかったら観てあげてください。


復活!B-Plaza

あれこれ
09 /12 2017
昔むか~し(?)、Mr.IshidaiにはB-Plazaというショールームがありました。
しかし、ある日、長女から「ネイルサロンやるから退いて」と強制退去を迫られ、仕方なくここ数年は倉庫の一角の小さなスペースで細々とやってきました。
でも、いつかは復活を・・・と思い続け、今年の9月、ようやくその日がやってきました。

では、さっそく店内を紹介します。
まずは外観です。
以前のダークなイメージからガラリと明るくしてみました。
DSC_1583.jpg

入って右側にはロッドを置いています。
今月下旬にはカリプソをはじめ天空シリーズも大量(?)に並ぶ予定です!
DSC_1601.jpg

こちらは珍しいイシダイの彫刻。その横にはMr.Ishidaiの全製品がズラリ
DSC_1600.jpg

カウンター横のショーケースにはイシダイのフィギュアやマグカップ、
さらに下には石鯛JAPANのGOODSが並んでいます
DSC_1603.jpg
DSC_1602.jpg

色鮮やかなロープもあります! 1m単位での販売もOK!
DSC_1606.jpg

手持ち石突も種類がたくさんあります。下に見えるのは店頭限定のウニ通し?
DSC_1605.jpg

アパレルもTシャツ、トレーナー、キャップと続々製作
オリジナルを作るお手伝いもできます!
DSC_1609.jpg

という感じです。

石鯛釣りをはじめてみたい、よくわからない、という方は
とくに大歓迎です。
仕掛けの作り方から道具の選び方、実釣講習もやります。
営業時間は午前11時から19時まで(日曜日は17時まで)。
定休日は不定休です。土日祝においでの場合は、事前にご連絡いただくと確実です。
TEL080-6441-0961または092-410-9981



LMパワーハンドル再入荷!

あれこれ
09 /04 2017
先週末は久しぶりに鹿児島へ。
もちろん竿を持って・・・と言いたいところですが、
M.I.F.Cの久木崎会長との密談?だったので釣具はなし!
博多から新幹線で鹿児島中央へ。

すると博多駅で↓の新幹線を発見!
DSC_1550.jpg
後から聞くと「エヴァンゲリオン」の初号機???とか・・・
ウルトラホークやサンダーバードだったら知ってますが、エヴァやガンダムはまったくワカリマセン( ;∀;)
でも、超カッコイイ車両でした!

鹿児島着後は天文館へ。
日本一うまいしゃぶしゃぶが食べられる「万十屋」。
DSC_1552.jpg

DSC_1553.jpg

福岡にも鹿児島黒豚を食べさせてくれる店はたくさんありますが
ここのしゃぶしゃぶを食べたらもうダメ!
ゴマ、ポン酢ともにたれも最高です(*^^)v
20170904125655.jpg

話もそこそこに食べまくって最後はちゃんぽん麺で〆
DSC_1556.jpg

お腹はいっぱいなのですが、3回も麺をお代わり!
いやあ、大満足でした。
たまには竿なしで行くのもいいもんですね。




さて本題です。
しばらく売り切れとなっていたLMパワーハンドルが再入荷しました。
リールのハンドルで大事なのは「自分が止めたいところで止まるハンドル」ということ。
いったいどういうことかといえば、置き竿でも手持ちでも
糸フケを取るにはリールのハンドルを回しますが
このとき、ハンドル自体が重いものだったり、バランスが悪いものだと
止めた位置からクルッと回ることがあります。

1_201709041340565b9.jpg
ハンドルノブが真上に来て止めた状態。
LMパワハンはこのまま維持します。

3_201709041405077cc.jpg
バランスが悪いと矢印のようにハンドルが勝手に回ります。

ハンドルノブに薄いチタンを使い、超軽量&超高剛性を実現したこのハンドルは
もう4~5年使っていますが、錆びやキズといった
パワハンにありがちなトラブルも一切ありません。
ハンドルでお悩みの方はぜひ使ってみてください。

さらに、今ならプライスダウンを実施中!
WEB限定販売です。




Mr.Ishidai

Mr.Ishidai